闘魂ブログ アントニオ猪木応援サイト

燃える闘魂 アントニオ猪木 公式サイト/ブログ

Month: 9月 2016

いま、日常でイラついたことを話したいと思います。

私の身寄りの次女に関してだ。こちらと次女の二人間兄弟なのですが、妹の結果私情余裕でお腹たつのです。こちらが、親友と話してると次女も話したいみたいで、いつも怒ります。こちらは社交的、次女は大人間しい性格だ。そのため、こちらと親友が話してるのを遠くから見ていたりとか話を聞いたりしています。こちらは、もし、次女と親友が話してたから声かけて何の話してるのか聞きますが、次女はそうはいかないのです。こちらと親友が楽しそうに話してるのを妬むように羨ましいって言います。そういうことにイラっと来るのです。合コンとかで色恋と話してる時でも、貴方がいるから話せなかったと後から言われます。こちらは普通に話してるだけなのに、次女が話しに入って来ないからそうなるということを説明しても怒ってしまい、親友に迷惑をかけてしまうことにいまイラっとくるのです。次女の性格に済ませろ、何に済ませろ、相手の案件よりも自分のやりたいことをやってる組み合わせに呆れて一品も言えないのです。次女は、自分で努力するよりも人間に自分の逆鱗をぶつけて、自分の意思を引こうと真面目なのです。途の場合で、こちらがメインですが、親友にも叱る雰囲気に面白く話してたのに水を刺されるのは甚だしいと思います。いつもは優しくて真面目なキッズなのですが、何度も逆鱗をこちらや親友にむけるのは私としては、腹立つことなのです。

キャラクターのリアリティが力作の特色

自身が影響を受け、そしてここで紹介するマンガは、小林立医者作品「咲-Saki-」だ。こういう作は、麻雀の競技人口が数億人を超えたというスタンスで、ハイスクール麻雀メンバーに焦点を当て、そのビッグイベントで活躍する女児陣を描いた講話だ。スピンオフ作も複数作られ、アニメ化、マッチ化を果たし、ニッチバリエーションです麻雀マンガという分草原で圧倒的に人思いを得た作でもあります。

こういう作の魅力は、図式の可愛さや、スタンス、容積を駆使した闘牌応酬等がありますが、自身が強いと感じたのは、奇抜はじめ人はじめ人の確立の細かさだ。身長や年、キャラクター等は当然としても、年令や両親の勤め、身寄り体系、環境、好み等も考えられています。すさまじいのが、それがほぼ全人材考えられていることです。「咲-Saki-」関連には、公演人小物が軽々しく100を打ち破りますが、中心人材、モブキャラ関係無く確立が考えられています。作を考察するオタクに因ると、通学路まで設定されているのではないかという噂もあります。ここまで詳細に確立が盛られていると、もうその奇抜が実際に生きているかのとも見えてきます。

「咲-Saki-」の作のプロパティとして、オタクによる好きな人材がばらける、というものがあります。普通は、中心人公のいる勉強の人材や、相手校の人材が人思い人材になるでしょうが、「咲-Saki-」はそうではありません。作の場合に数話しか登場しなかったモブに間近い人材ですらオタクが数多く付きます。それは、確立がしっかりと考えられ、奇抜にリアリティが生まれていたことが要因の一つではないかと思っています。そして、奇抜はじめ人はじめ人の状態イメージが、作全体の見どころへと繋がっているのかもしれません。

ちなみに、私の好きな奇抜は清澄高校生麻雀メンバー、原村和の母親、原村嘉帆さんだ。44才ですが、非常に幼く、魅力的です。