自身が影響を受け、そしてここで紹介するマンガは、小林立医者作品「咲-Saki-」だ。こういう作は、麻雀の競技人口が数億人を超えたというスタンスで、ハイスクール麻雀メンバーに焦点を当て、そのビッグイベントで活躍する女児陣を描いた講話だ。スピンオフ作も複数作られ、アニメ化、マッチ化を果たし、ニッチバリエーションです麻雀マンガという分草原で圧倒的に人思いを得た作でもあります。

こういう作の魅力は、図式の可愛さや、スタンス、容積を駆使した闘牌応酬等がありますが、自身が強いと感じたのは、奇抜はじめ人はじめ人の確立の細かさだ。身長や年、キャラクター等は当然としても、年令や両親の勤め、身寄り体系、環境、好み等も考えられています。すさまじいのが、それがほぼ全人材考えられていることです。「咲-Saki-」関連には、公演人小物が軽々しく100を打ち破りますが、中心人材、モブキャラ関係無く確立が考えられています。作を考察するオタクに因ると、通学路まで設定されているのではないかという噂もあります。ここまで詳細に確立が盛られていると、もうその奇抜が実際に生きているかのとも見えてきます。

「咲-Saki-」の作のプロパティとして、オタクによる好きな人材がばらける、というものがあります。普通は、中心人公のいる勉強の人材や、相手校の人材が人思い人材になるでしょうが、「咲-Saki-」はそうではありません。作の場合に数話しか登場しなかったモブに間近い人材ですらオタクが数多く付きます。それは、確立がしっかりと考えられ、奇抜にリアリティが生まれていたことが要因の一つではないかと思っています。そして、奇抜はじめ人はじめ人の状態イメージが、作全体の見どころへと繋がっているのかもしれません。

ちなみに、私の好きな奇抜は清澄高校生麻雀メンバー、原村和の母親、原村嘉帆さんだ。44才ですが、非常に幼く、魅力的です。